Skip to content Skip to footer

Insights

慈善団体への寄付について

ホープフェアの売上の一部は、マーシーセンター(Mercy Center)を通じてスラム街・クロントゥーイで経済的援助を必要とする家庭や子供たちに寄付されています。地域社会への貢献は私たちが大切にしている取り組みでもあり、皆様にもご賛同いただきたいと願っています。

マーシーセンター(Mercy Center)を通じて、2014年からこれまで、バンコク中心部にあるクロントゥーイのスラム街で暮らす子供たちにおよそ100万バーツを寄付してきました。(www.mercycentre.org) 校舎の修繕や金銭的に進学が困難な子供たちへの就学援助、地域向上のための様々なプロジェクトを支援してきました。毎回、フェア開催終了後に寄付金額をFacebookページに掲載していますのでご覧ください。
ホープフェアでは、マーシーセンター(Mercy Center)の展示ブースもあるので、ご不要な服、日用品、靴など様々な寄付を受け付けています。センターの活動も紹介しているので、ぜひお立ち寄りください。
ソップモエイアーツ(Sop Moei Arts)、ファティマセンター(Fatima Center)、レアーティサンタイランド(Les Art’Isan Thailand)、イサーンウィービング(Isan Weaving)などタイ全土から10以上の慈善団体も参加します。恵まれない人々により作られた高品質な商品もそれぞれのブースで購入でき、各団体の活動内容も紹介しているので、ぜひ慈善団体のブースにもお立ち寄りください。

意識をしながら買い物をすることの大切さ

ホープフェアでは、価値観や商品の品質など私たちが求める基準をクリアしたものだけが出店されています。その基準とは、サステナビリティ、イノベーション、フェアトレード、社会および環境への配慮の有無などです。動物の命を尊重し(アニマルウェルフェア-動物たちが自然に行動できるように、快適な環境を整えること)自然環境の改善に取り組み、生産に携わる人々の生活を向上させることが私たちの願いです。

昨今、自然由来のもの、オーガニックや抗生物質不使用の製品、あるいは牧草飼育など家畜動物にとって快適な環境を整えることなどが、人間、自然、動物、ひいては地球やそのすべての未来に必要とされています。例えば、サステナブルファッションは原材料や水の使用量を最小限に抑え、省エネに努めることができ、生産過程では大気汚染の軽減にも有効です。
意識して買い物をすることのひとつには、なるべく地元のお店でモノやサービスを買うことにより地域社会に貢献することが挙げられます。あなたのお金が地域の企業や雇用を守るのです。
私たちは、生産過程で環境への悪影響が少ない食品や製品の普及を目指しています。生産過程だけではなく、それがどのようにパッケージされ購入者の手に渡るのかも考慮しています。ホープフェアでは、来場者にエコバッグ持参をお願いしています。前に購入されたお店の瓶などを持参し詰め替えてもらうこともおススメしています。使い捨てのビニール袋やプラスチックゴミの削減にぜひご協力ください。
あなたが購入した洋服や食品を作った人々の職場環境を考えてみましょう。国際基準やあなた自身の労働環境と比べてみて、どうでしょう?フェアトレードの商品を買うことで、労働にみあう賃金や労働環境、生活水準が保証されやすくなります
アニマルウェルフェアという言葉はまだあまり浸透していないかもしれませんが、昨今、特に家畜動物に対して飼育環境改善を求める声が高まってきています。家畜動物だけでなくペットも含め、あらゆる動物たちが自然に行動できるように、快適な環境を整えることが強く望まれています。ホープフェアでも、畜産物や加工品などにおいては、牧草飼育や家畜が自然体で暮らせているかを重視しています。 化粧品やヘアケア、洗剤など、開発や製造の過程において、商品や原材料の安全性を確かめるために動物実験が多々行われています。ホープフェアに並ぶ商品には、動物実験をしていないものを厳選しています。

現代社会において、それぞれの価値観に基づいて買い物をする消費者が増えたことで、企業だけではなく文化までもが変化してきています。買い物をするとき手に取る商品が社会や環境にどのような影響を及ぼすのか?原材料や生産過程に至るまで知りたくありませんか?ホープフェアではそれぞれの出展ブースで皆様の疑問に答えてくれることでしょう。もし特定の商品について詳しい情報入手のご希望などあれば生産者を紹介致しますのでお気軽にお問い合わせください。

出展してみませんか?

この機会にあなたの商品やサービスを広めてみませんか?来場者に直接販売することで今後の顧客拡大にもつながる大きなチャンスです!

出店ご希望の場合は、まずホープフェアにご登録いただく必要があります。以下情報を記載してメールにてご連絡ください。 ① お名前および会社名 ②電話番号 ③メールアドレス ④法人税登録番号のコピー ⑤タイ人の場合はIDカードのコピー ⑥会社のウェブサイトURL ⑦Facebookページ、無い場合はその他SNS等、及び商品やサービスの短い説明文や写真を添付してください
このイベントは招待制になります。ホープフェアの審査を通った方には招待状をメールをお送りします。招待状にフェアの詳細日時、場所、費用などが明記されています。詳細をご確認の上、出店ご希望の場合には指示に沿って改めてお申し込みください。もし日時などご都合が悪く参加ができない場合はその旨メールにてご連絡ください。特定のイベントについてのメール配信は、不参加の受付と同時に一旦停止しますが、ホープフェア自体への登録は取り消されませんのでご安心ください。
ホープフェアでは、マーシーセンター(www.mercycentre.org)を通じてバンコクのスラム街の子供たちをサポートしています。出店費用の内訳に寄付金が予め含まれているので、出店者の皆様には自動的に寄付をしていただく仕組みとなっています。従って、イベント中に発生する販売利益の一部を要求することはありません。マーシーセンターも出展ブースを設けているので、ご不要な服、日用品、靴などありましたら直接ブースまでお持ち寄りください。マーシーセンターの活動も紹介しているので、詳しい活動内容については担当者に直接お話しください。
・出店者の皆様には、事前に法人税登録番号のコピー、或いはタイ人の場合はIDカードのコピーの提出をお願いしています。 ・出店される場合は、ご自身でもイベントの告知にご協力ください。(メーリングリスト、DM配信、SNS、学校や施設などでの広報活動など) ・割り当てられたスペースは必ず守ってください。良識ある範囲内で、ご自身で飾りつけなどをお願いします。 ・ブース出店場所やテーブルなどは事前に割り当てられます。場所の変更などはできませんのでご了承ください。 ・電源などが必要な場合は、ご自身にて延長ケーブルをご用意ください。 ・ゴミ箱を設置しているので各自ゴミ処理をお願いします。テーブルやブース内には絶対にゴミを放置しないでください。 ・イベント開催中は調理できないので、食品を提供する場合は予め調理済みのものをご用意いただき適切にパッケージをしてください。 ・煙が出るものや匂いが出るものの持ち込みは禁止しています。 ・ブースの装飾品などは傷やあとをつけないものでお願いします。 ・食べ物や飲み物を提供する場合は、床を保護するカバーを敷いてからご利用ください。 ・片付け終了後、主催者側でクリーニングが必要と判断された場合は、5,000バーツのクリーニング費用を請求します。 ・会場ホテルの入り口では荷物の積み下ろしは禁止しています。荷物の搬入や撤収については事前にメールにてお知らせするので指示に従ってください。 ・壁や天井を使った装飾は控えてください。壁に貼る、接着する、テープで固定する、掛けたりする行為は禁止しています。 ・出店に関するすべての費用は返金不可としています。他者に出店権利を譲渡することも禁止しています。 ・偽造商標品、銃器、違法な花火、爆発物、可燃物、ポルノ関連の販売は固く禁じられています。 ご協力ありがとうございます。

Want to see what our events look like? Watch our videos!